いるぷるーどっとぶろぐ

主に映画、漫画、ゲーム、ネットサービスのレビュー記事を夜更けの時間帯にお届けします。

わたしたちの世界(ゲーム)が、出来るまでー「夢現Re:Master」レビュー【ネタバレ含む】

follow us in feedly はてなアイコン(ペン)

 

やっぱり工画堂スタジオさんは最高だぜ!

どうも、いるぷるーです。

 

今回は工画堂スタジオ、しまりすさんちーむさんのソフト。(さんさんうるさい)

「夢現Re:Master」のネタバレあり感想記事を書いていこうと思います。 

 

f:id:ilpleut:20190825015626p:plain

 

 

www.ilpleut.blog

 

 

www.ilpleut.blog

 

 

以前、ゆりマスター感想コンテストというのが開催されていた際の、ネタバレなしの感想ツイートも掲載していたので、そちらもぜひ読んで頂けると嬉しいです。

 

なので、こちらの記事では対照的にネタバレガンガンで記事を書いておりますので、予めご注意くださいませ。(日付もある程度たってるし…ま、多少はね?)

 

 

実は一人ずつルート終了直後にその場で感じたことを忘れないように、少しずつですが箇条書きでメモはまとめてありました。

 

今回はそのメモに付け足していくような形での感想になります。

攻略順に感想を書いていきます。

 

 

 

 

 

 


 

 

無限堂さき

 

多分一番好きなキャラです。カップリングとかはさておき。

好きすぎて思わずステッカーとかも作っちゃったくらいには好きです。

 

 

www.ilpleut.blog

 

ライターとして、ゲームのテキスト作成に苦悩する場面が多かったこのルートですが、なによりこころルート以外で最もこころが不安定だったのが、

 

このルートだったと個人的には感じていました。

(なので、さきさんの立場に立ってみると、胃が痛そうだな…とプレイ中はなかなかつらいものがありました) 

 

まぁ、こころルートをプレイすれば、こころの気持ちも分からんでもないですが。

 

 

ノベルゲームはなによりテキストがなければ始まらないという意味では、

本当にゲームの中核に位置と言っても過言ではないわけですから、

 

その重要さは我々プレイヤーですら理解できます。

 

ただだからと言って、

あまりさきさんを甘やかしてしまうと……まぁ、そういうことですね。

(不覚ながら、あのバッドエンドには少し笑ってしまいました)

 

 

他人に無関心なようで、

その実周りをよく観察しているのがこのキャラの特徴の一つかな、とも思います。

 

それでいて、困っている人を放っておけない人の好さもあったりしましたね。

 

なにより、可愛らしい声ながら、

あの小憎たらしい感じが出せるのは、おそらくそらまる氏のみだとおもう(褒め言葉)

 

 

OPにも出ている、

2人で同じベッドで向き合って寝ているシーンのCGがほんとに好き。

 (全ルート中、一番キャッキャウフフシーン多かった気がする)

 

 

 

f:id:ilpleut:20190825024412j:plain

 

 

ちなみに、全キャラ中一番長く感じたルートでしたね。

二番目は…

 

 

 

f:id:ilpleut:20190825010954j:plain

 

 

 

 

作品づくりという一つの大筋は、

さきルートとこころルートの二つの柱で成り立っていると感じました。

 

 ゲーム会社をモチーフにしたゲームということを他のルートだと忘れそうになる時がありましたからね…この2ルートはある意味貴重。

 

 なお、このルートをやってから高円寺だけでなく、中野ブロードウェイにも聖地巡礼することを決意しました。

 


 

 

太刀花なな

 

何かを隠して明るくしてる系キャラ好き。(唐突)

 

予想してた2倍は全体的に暗いルートでしたね…。

基本的になな視点で進んでいるルートだったので、

 

このルートに関しては、主人公がななって印象だった。

 

金髪巨乳メイド声優語尾ッスキャラと、属性もりもりの彼女ですが、

 

社内唯一の事務員ということもあり、

それもルート内で少し複雑な感情を生み出す一端となっていましたね。

 

 

他ルートでは素を見せられない状態だから、

最終的には素の彼女を出せるような職場にユリイカソフトがなったらな、という希望。

 

他の方の意見だと、声優の卵としての役割をもっと見せたルートも見たかった。

っていう意見が出てるみたいですが、概ね同意見です。

 

これは追加配信エピソードに期待するしかないですね! 

 

 


 

 

マリー・マーラー

初期の印象、見た目の中では断トツで一番好きでした。(今も好きではありますが)

クール軍人外国人オタク好き、声も好き。

 

他ルートでは一切見せないが、自身のルートでは闇を一気に見せてくる人2人目。

いや、共通シナリオで母国の話とかちょこちょこ出てたので、予想通りではありましたけどね…。

 

個別ルートでも、ゲーム作成というよりも、母国でのいざこざがメインのルートでしたので、原画家としての印象は、ルート上では正直薄い。

(尺的にしょうがないとも言える)

 

シナリオも短めに感じたけれど…気のせいかしら? 

 

原画家としてのその辺りの話は、こころルートの方で回収したという感じか。

 

グッドエンドは中々感動しました。

二人の子どもたち、可愛すぎなんだよなぁ……。

 


 

 

柳谷こころ

まさしくラスボス

共通・他ルートでも存分に存在感を見せつけてきた妹ちゃんですが。

 

このゲームはこのルートなしでは成り立たない、そんなルートでした。

こころルートであり、トゥルールート。

 

逆にいうと、このルート以外でのあいとこころは一体どうなってしまうのか

ある意味気になりすぎて夜しか眠れない。

 

なにより終盤に発覚する衝撃の事実にしばらくコントローラを置いてしまいました。

まさかあいにニエの、こころに魔女の魂が入れ替わりで入っていたなんてね…

(☝最大のネタバレなので、一応白字にしてあります)

 

その展開は流石に読めなかった…。

 

 

全ての伏線を回収したうえで、ゲームを"全員"が納得する形で

 完成させてあげられたグッドエンド(トゥルーエンド)には、

 

プレイする側でしたが同じように達成感を味わうことができました。

 

 

このような形でゲーム制作の裏側を垣間見せてもらうことができて

素晴らしいキャラ達に出会うことができて

しまりすさんちーむの新作がプレイできたという感動込みで、

 

この「夢現Re:Master」には大満足です!

 

 


 

おわりに

 

クリアするまでに思ったより時間をかけてしまいましたが、

こうして全クリさせていただいて、1stMTGにも参加させていただいて

 

非常に大満足でした!

 

シナリオ、キャラ、主題歌などなど…なにからなにまで文句なしでした!

(ま、強いて言うなら各キャラのパヤパヤシーンがちょっと物足りなかったかな…)

 

その辺り続編でも追加コンテンツでもなんでもいいから、頼みますよ!

(追加コンテンツのハードルを上げていくスタイル)

 

 

先述の通り、追加コンテンツも既に発表されていますし、

今後のグッズ展開などにも正直かなり期待しているところであります。

 

そうだなぁ…

さきさんのKOENジャージ、とりあえず出してもらおうか?(笑)

 

f:id:ilpleut:20190825021321p:plain

(これ)

 

 

最後になりますが、今後もしまりすさんちーむの活躍を応援しつつ、

今回の記事はこのあたりで締めたいと思います。

 

深夜テンションで書いている記事なので、乱文になっていたらすみません。

ちょこちょこ直します…。

 

明日もまた、20時にお会いしましょう。

それでは

 

Copyright (C) 2019 ilpleut.blog All Rights Reserved.